心もつながるコミュニケーションを

私たちが追求する大切なものとは、「コミュニケーション」です。「コミュニケーション」と言っても単にネットワークをつなぐだけのものではなく、きちんと人々の心もつなぐもの。SNSにおいてもゲームにおいても、スポーツにおいても、情報だけではなく、いかに心や感情を通い合わせるかを追求し、それにより独自の付加価値を提供しています。

私たちが掲げる理念

「心もつながるコミュニケーション」を通して、今後より一層多くの人々の人生をより楽しく、豊かにする企業活動を続けていくための指針として、PMWV(P:パーパス M:ミッション W:ミクシィウェイ V:バリュー)を掲げています。

PURPOSE(存在意義)

豊かなコミュニケーションを広げ、世界を幸せな驚きで包む。

このパーパスは、私たちがすべての領域で創業以来大切にしてきたことであり、未来へ向かってさらに大切にしていく意思でもあります。
私たちはこれからも、コミュニケーションの量や頻度よりも、その質、すなわち、熱量の高いエモーションを大切にし、濃く深い、豊かなコミュニケーションをドライブすることで、感情豊かで 幸せな驚きに包まれた世界を生み出していきます。

MISSION(やるべきこと)

「心もつながる」場と機会の創造。

私たちがパーパスの実現のために大切にするのは、ただ「つながる」のではなく、「心もつながる」こと。
そのために、仲間や家族とつい話題にしてしまうような楽しくてワクワクする「コンテンツ」や、そこから生まれる感情を一緒に分かち合う「場と機会」を世界中に創り出していきます。

MIXI WAY(意思決定の軸)

ユーザーサプライズファースト

ミッションで掲げた「創造」を実現するために、私たちは改めて「ユーザーの驚きを最優先に考える」というミクシィらしい言葉を掲げました。
ただのユーザーファーストでもなく、マーケティングファーストでも、自分たちファーストでもない。「そこに幸せな驚きはあるか?」という問いを、制作現場から経営判断までのすべての基準にしたい、という意志が込められています。

VALUE(行動指針)

ユーザーサプライズファースト実現のために私たちが大切にしているのが3つのバリューです。

私たちの事業

私たちは心のつながりを提供するにあたり、様々な事業を展開しています。その中に、「熱いつながり」と「温かいつながり」が存在します。

スポーツやデジタルエンターテインメント事業では、みんなでワイワイのスピリットやスポーツの興奮を軸に「熱いつながり」を提供。ライフスタイルでは、SNS「mixi」や「家族アルバム みてね」といった親しい友人や家族との心地よいつながりを軸に「温かいつながり」を提供。
こういった2つの熱い感情と温かい感情を大切にし、「熱い感情」と「温かい感情」というエモーションを友人や家族とコミュニケーションすることで、より豊かな生活を送ってもらうために「心もつながる」をミッションに事業を展開しています。

代表からのメッセージ

「ミクシィの目指す未来とは?」について、代表の木村から皆さんへお伝えします。

募集ポジション

私たちとユーザーサプライズファーストを実現しませんか。「心もつながる」コミュニケーションサービスの提供に期待しています。

関連記事

ミクシル

メディア掲載

「ミクシィ=SNS」からの脱却木村社長が語るパーパスの作り方
(メディア「日経クロストレンド」※外部リンク )