業務内容

CREに関して

Google社が2016年に提唱した職種であり、CS(カスタマーサポート)のクリエイティビティを最大化することをミッションに、システム開発・運用を行う部門として、2017年にミクシィ内にも立ち上がりました。多くのユーザーと直接の接点を持つことができ、CSのクオリティ向上が当社が掲げる「ユーザーサプライズファースト」の体現に繋がると考えており、これからもあらゆる技術を駆使して、サービス全体の価値を向上させていきます。

職務概要

統括管理本部CS部CREグループで、ミクシィグループのカスタマーサポート(CS)向けの管理ツールや業務効率化のためのシステムの開発などを担当いただきます。

業務内容

人に寄り添った対応を技術でサポートすることをミッションとし、具体的に下記の内容に広く取り組んでいます。

  • CS向け管理ツールの開発・保守
  • 問い合わせ事象の技術的な調査と不具合の修正
  • CS対応品質・業務効率向上のためのシステム開発
  • 不正対策のためのログ分析やシステム開発
今後取り組んでいきたいこと

現在は次のようなプロジェクトに取り組んでいます。

  • CS対応ナレッジ共有システムの開発
  • CS対応品質の定量評価・分析支援
  • ユーザーデータの表現を工夫した管理ツール開発

※CSには技術で改善できる領域がまだたくさん残されています。  CREは、困っているユーザーに対してCSが「人に寄り添った対応」を実現できるよう技術でサポートします。  特定の技術領域にこだわることなく、必要であればどんな技術も活用します。

開発環境

CREグループ:5名 (2022年4月現在)

使用技術・ツール

  • 言語:Ruby, Elixir, Go, TypeScript
  • フレームワーク:Ruby on Rails, Padrino, Phoenix
  • データベース:MySQL
  • ソースコード管理:GitHub
  • プロジェクト管理:JIRA, GitHub project, Confluence
  • チャット:slack

※携わる可能性のあるサービスの技術環境を記載しております。

キャリアステップ
  • 開発だけでなくプロジェクトマネジメントもお任せします。
  • ご本人の適性と希望に応じてスペシャリストもしくはマネジメントのキャリアがあります。
インタビュー記事

 

募集条件

業務経験

必須の経験/能力

  • Webアプリケーションのサーバーサイド開発経験
  • コードレビューを実施した経験

※保守性や可読性など、品質の高いコードへの意識が高い方を求めています。

歓迎する経験/能力

  • Rubyでの開発経験

求める人物像

  • チームメンバーや他部署と協調して業務を進めていくことに前向きな方
  • 技術的探究心のある方
  • 現場の課題を見つけ周囲と協力して解決することにやりがいを感じる方

募集要項

勤務地

東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 28F~36F

就業時間

勤務時間
所定労働時間10:00~19:00 ※フレックスタイム制度あり、休憩1時間
(コアタイム 12:00~15:00)

休日/休暇
完全週休2日制 (土曜・日曜)、祝日
※年間休日123日
年次有給休暇、慶弔休暇、年末年始休暇、生理休暇、裁判員休暇、子の看護休暇、介護休暇、特別休暇

予定年収

月給制(固定残業代含む)
※保有されるスキル・経験・能力により優遇、相談の上で決定させていただきます。

労働契約

◆雇用形態:正社員
◆給与改定:年2回(5月、11月)
◆賞与:年2回 (6月、12月)
◆試用期間:あり(3ヶ月)
◆福利厚生:住宅手当、交通費、ランチ代サポート、ドリンクバー完備、書籍購入支援、懇親会補助、予防接種、健保組合の提携機関にて優遇制度あり、Apple Card/Google Playカード購入補助、ミクシィブレイク(リフレッシュ休暇)など
◆各種制度:ミクシィ・キャリア・チャレンジ(社内公募)制度、従業員持株会制度、企業型確定拠出年金制度、育児休業制度、介護休業制度、病児保育&ベビーシッター補助制度、社内カフェ(BYRONBAY COFFEE)、マッサージルームなど
◆各種保険:健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
◆受動喫煙対策:屋内原則禁煙 ※屋内に喫煙可能場所あり
◆募集者の氏名又は名称:株式会社ミクシィ

 

弊社担当者より

業務の魅力

  • システムを利用するCSスタッフが身近にいることから、改善をして直ぐに反響を感じられ、喜ばれる姿をみることが出来ます。
  • プロダクト横断で業務を進めるので同時に複数の現場に関わることができて、様々な言語やフレームワークなど、最新の開発に携わることも出来ます。
  • Webアプリケーションフレームワークを用いた開発だけでなく、開発要件の抽出や業務支援システム立ち上げ、技術的調査のためのログ調査も行なっています
  • CS業務の改善につながることはご自身で提案しプロジェクト化して推進できる環境です
  • GitHubやCIツールを使って開発できる環境です